高知県

土佐清水市

弘法大師・空海にまつわる伝説、足摺七不思議を紹介する!【高知の旅】

四国最南端にあるとされる足摺岬。(実際の四国最南端は長碆地区。)ジョン万次郎像を見て、ちょっと灯台の景色でも眺めて帰ろうかなと思っていたら…。 ん???足摺七不思議とな?おもしろそう!これは見ていかなければ!と急遽予定を変更して足摺七不思議を追うことにしました。それではどうぞご覧ください!
高知市

高知県の名前の由来とは?高知城の歴史を調べていたら分かったので紹介する【高知の旅】

高知城は大高坂山に築かれた梯郭式の平山城です。現存12天守のひとつで、天守と本丸御殿が合わせて残る唯一の城として知られています。また天守以外にも多くの建造物の歴史価値が認められ重要文化財に指定されました。高知城へ登城してきましたので、その風景と共に歴史や高知の名の由来なんかについて紹介します。
南国市

長宗我部氏代々の居城・岡豊城へ!土佐物語を読んで【高知の旅】

岡豊城は高知県南国市にある標高97.5mの岡豊山に築かれた連郭式の山城です。岡豊は『おこう』と読みます。岡豊城は戦国時代に土佐国を統一、四国の殆どを一時的に制覇した長宗我部元親の本拠地として知られています。さて、この城にどのような歴史があるのか?その風景と共に紹介致します。
高知市

浦戸城の歴史について!浦戸一揆と一領具足・死生知らずの野武士なり【高知の旅】

浦戸城は高知県の名所・桂浜の背後の小高い丘にありました。主郭部分には坂本龍馬記念館、国民宿舎・桂浜荘が建っています。記念館の駐車場脇に浦戸城の石碑があり、石垣、堀切、井戸跡などが残っています。天守台に登ると八幡様と大山祇神が祀られる小さな祠が安置されていました。では、浦戸城の歴史を見ていきましょう。
高知市

高知の名所・桂浜を歩く!昭和初期の文献を添えて【高知の旅】

高知県の名所・桂浜を歩いてきました。この日は生憎の空模様でして、よい景観とは程遠いもので御座いましたが、まぁ、少年期に分けもわからず読んでいた坂本龍馬の本に出てくる桂浜を実際に眺めることができたので、たいへん感慨深い居心地に浸れました。私が見晴らした桂浜を稚拙な風景写真で恐縮ですが、ご覧下さいまし。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました