芦屋市

芦屋市

私の憧れの人、文豪・谷崎潤一郎の生涯について【兵庫の旅】

谷崎潤一郎は1886年7月24日に東京の日本橋で生まれました。1965年7月30日、腎不全から心不全を併発し、79歳でこの世を去ります。父は生粋の江戸っ子・倉五郎、母は関と言います。谷崎は『顔ばかりではなく、大腿部の辺の肌が素晴らしく白く肌理が細かだつだ』と母について語りました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました