大洲市

大洲市

比志、地蔵ヶ岳、大津。大洲城の3つの別称の由来とその歴史について【愛媛の旅】

愛媛県大洲市、肱川のほとりに聳える大洲城跡。歴史は古く、鎌倉時代末期に伊予国の守護として遣わされた宇都宮氏が大洲を拠点とし城を築いたことから始まります。戦国時代には藤堂高虎や脇坂安治などが入城し城郭の拡張、改築に取り組みました。台所櫓、高欄櫓、苧綿櫓、南隅櫓が現存し国の重要文化財に指定されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました